2015年8月24日 月曜日

京都研修 その4

そして、祇園の炭火割烹のお店にもお邪魔しました。

お店へ向かう祇園の街並みは、静かで風情があり、歩いているだけで京都らしさを感じます。

お店へ到着し、カウンター席へ通され、厨房を見ると焼き場が見え、ここで炭火のお料理を作られます。

CIMG2139

こちらでも懐石料理をいただきました。

沢山のお料理の中から、いくつかご紹介します。

まずは先付け。どれも美味しそうで、どれから食べようか・・・迷います。

CIMG2132

丁寧に女将さんが料理の説明をして下さいました。

そして、大振りのトリガイ。

CIMG2133

軽く炙ってあり、甘みを感じます。

そしてこちらから2品、炭火料理を選びます。

CIMG2134

私は、ぐじと和牛を選びました。

CIMG2141

CIMG2142

吸物は鱧のすり流し。

CIMG2136

御飯物は鱧のお茶漬けです。

CIMG2144

最初から最後まで、程よく心地よい緊張感を感じながら、全てのお料理を頂きました。

3時間かけて、ゆっくり食べるのですが、不思議と時間を長いと感じませんでした。

女将さんの柔らかい物腰、とても存在感のある料理長。

キビキビとした、お弟子さん達の仕事ぶり。

決して派手ではないけど、優しくて、素材の良さを堪能させてくれる京料理。

全てが物語、というかステージのような楽しさを感じる異空間でした。

この京都研修で、言葉では言い表せない様なおもてなしを、肌で感じました。

ただただ、感謝の気持ちと、自分たちのやるべきことを感じた、充実の二日間でした。