2015年8月12日 水曜日

京都研修 その2

今回の研修の大きな目的。それは、宮川町にある「水簾」の料理長、

島谷 宗宏さんとの食事会でした。

数々の大会で優勝され、本まで出版されている、とても技術の素晴らしい方です。

CIMG2152

私は、島谷さんの隣に座っただけで、もうドキドキ。

大将も緊張気味でしたが、島谷さんの明るいお人柄にだんだんリラックスしたようで、かなり島谷さんと話し込んでいました。

料理への考え方、後輩達を育てていく事、地元に密着したお店作りをする事・・・

大将いつになく真剣な表情でした。

沢山のお話を聞かせて頂き、影響を受けた事と思います。

さて、一諸に食事をさせていただいたお店は、とある和食のお店。

京都の町屋を生かした、とても雰囲気の良いお店です。

こちらの料理長は、大将と同じ京料理のお店で修業された方。大将とは同時期に修業されたのではないのですが、色々な繋がりがありまして、今回来店させていただく事になりました。

こちらでも懐石をいただいたので、いくつかご紹介。

八寸

CIMG2091

鴨の赤ワイン味噌和え、鱧揚げ出し(土佐酢と煮詰めかけ)、鰻いこみ黄身酢かけ。

1品1品のお料理が丁寧で、手が込んでいます。もみじのあしらいも涼しげです。

稚鮎の炭火焼き

CIMG2096

琵琶湖の稚鮎を炭火で焼いてあり、頭からザクザク食べられました。

長芋素麺

CIMG2097

長芋がとにかく細く細く切ってあり、ツルツルッと素麺のようで長芋の食感もあり、山葵と穂紫蘇の風味が絶妙です。

 

と、おいしい食事をしながら、あっという間の島谷さんとのお食事会。

とてもお忙しい中、時間を作っていただき、またセッティングして下さったS様、

本当に、ありがとうございました。