2013年7月27日 土曜日

骨切り鱧

鱧(はも)は小骨が多く、うなぎのように開いただけでは、食べられません。

そこで、京都の料理人が編み出した、「骨切り」という下処理をします。

約3cmの間に、24切れの包丁目を入れ小骨を切断していく、

すごい技術です!!

大将が切っているのを見ましたが、

骨を切るザクザクという豪快な音とは対照に、

とても繊細な作業・・・。

今の時期にしか味わえない、夏の味覚。

梅肉だれで食べる涼しげな、一品、

是非、御賞味下さい!!